最期 有料老人ホーム

最期まで安心して暮らせる有料な老人ホームとは?

知名度があるから、大手企業が運営しているから優良な老人ホームという訳ではありません。

 

一定の条件を満たす老人ホームであれば無名な老人ホームでも最期まで安心して暮らせる老人ホームと判断できます。

 

潰れない有料老人ホームの見極め方

老人ホームも企業ですので、大赤字では経営は成り立たず倒産します。

 

老人ホームの倒産後、サービスが変わる事なく住み続けられるのかはわかりません。

 

だから、入居する前に、健全な経営を行っている潰れる可能性が限りなくゼロに近い施設か見極めるのが大事です。

 

そこで、素人でもわかる経営の健全度を見分ける4つのポイントを紹介しています。

 

施設経営の健全度を見分ける4つのポイント詳細はこちら>>

 

 

有料老人ホーム職員の勤務体制でわかる、施設の運営方針

優良な老人ホームの職員体制の見極め方は、介護にかかわる昼間と夜間の職員の配置人数でわかります。

 

これは、もしもの際の対応に大きく関わってくることなので重要です。

 

さらに、配置されているスタッフがどのような資格を持っているのかで、は施設の運営方針が見えてくるのでしっかり見ておきましょう。

 

 

優良な老人ホームほど職員の体制がしっかりしている詳細はこちら>>

 

 

スタッフで決まる有料老人ホームの雰囲気


1日中過ごす老人ホームだからこそ、携わるスタッフ次第で居心地の良し悪しが違ってきます。

 

体験入居の際のチェックの仕方や具体的な数字でわかる施設やスタッフの雰囲気良さや有能さを見分ける方法を紹介しています。

 

施設やスタッフの雰囲気の良さの見分け方の詳細はこちら>>

 

 

有料老人ホーム費用の落とし穴


老人ホームに入居後の生活費、そんなにかからないだろうと安易に考えている人が多いです。

 

実際は、わかりづらい料金体系が原因で老人ホームに入ってから生活費が足りなくなる人がいます。

 

又、退去や住み替え移動に伴う金銭トラブルも多発しています。

 

お金の心配は入居の時だけではありません!!。

 

失敗しやすい金銭トラブルの詳細はこちら>>

 

 

有料老人ホームに入ったから病気しても大丈夫は大間違い!

老人ホームは介護施設であり医療施設ではありません。

 

そのため、医師が在中していない老人ホームでは医療行為で行えないケースがあります。

 

だから老人ホームに入ったから病気しても安心して暮らしていけると思ったら大間違い!

 

この勘違いから医療に伴うトラブルが起きています。

 

老人ホームに入ったから絶対安心ではない理由はこちら>>

 

資料請求をネットで申し込んだ方が良い理由


自宅で資料を熟読しから施設に赴くのが得策です。

 

なぜなら、老人ホーム施設側も商売。

 

電話をすればセールストークを言ってくるかもしれません。

 

耳心地の良いセリフは判断を鈍らせますので、さいしょは資料の情報だけで考えるのが大事です。

 

資料請求してから現地に行く方が得策な理由はこちら>>

 

 

安心な有料老人ホームの見つけ方

 

人によって安心と感じるポイントは異なりますが、お金の心配と病気の心配が解消される老人ホームだと安心できますよね。

 

お金の心配なく安心して過ごせる老人ホームとは?

非常に安い施設には安いなりの理由があります。

 

理由を知った上で安い施設に入居すれば後々の金銭トラブルも起きないので安心できます。

 

又、退去時の入居一時金や月額費用についての不安も解消できるような情報を提供しています。

 

お金の心配をしなくて良い老人ホームの詳細はこちら>>

 

 

病気になっても住み続けられる安心の有料老人ホームとは?

 

 

老人施設で受けられる医療行為は、施設によって異なります。

 

入居後発症した病気の種類によっては退去を要請される場合も・・

 

持病がある場合はどういう施設を選んだ方が良いのか?などの情報提供しています。

 

病気をしても住み続けれらる老人ホームの詳細はこちら>>

 

 

健康か介護が必要かで分かれる有料老人ホームの選び方


あなたの健康状態によって選ぶ老人ホームは異なります。
元気なうちに入る老人ホームと介護が必要な状態で入る老人ホームは全く違います。

 

又、介護が必要な場合でも、要介護のレベルによっては老人ホームの選び方を変えた方が良い場合もあります。

 

 

最期まで安心して暮らせる施設へ元気なうちに入居しておきたいならコチラ>>

 

 

今すぐ介護が必要!最期まで安心できる生活を送りたいならコチラ>>

 

 

あなたの譲れない有料老人ホームへの条件は?

 

入居を考えた段階で「これだけは譲れない」という条件があるはずです。

 

・地域(都会・田舎・住み慣れた地域・交通の便)
・部屋(和室・洋室・広さ・キッチン付・夫婦部屋)
・食事(食事の質・介護食・普通食)
・環境(近くに医療施設・ペット可・趣味の充実)など

 

100点満点の老人ホームを見つけることはなかなかできないと思います。

 

でもあなたの譲れない条件は、実際に見学や体験入居をする上でチェックしやすい項目でもありますので、しっかり書き出すのが失敗しない上で大切です。

 

ただ、あまりこだわり過ぎると入居するタイミングを失ってしまいます。
ある程度の妥協も大事です。

 

何の知識もなく老人ホームへ見学へ行くと担当者が行う詳細説明の際セールストークにのまれてがちです。

 

冷静に判断するためにも情報収集・比較検討・老人ホームの基礎知識を備えてから見学に行きましょう。

 

 

施設を見学する前に必ず入居希望地域にある複数の施設の資料請求してそれぞれの施設の特徴を確認しておくのも大事です。

 

 

有料老人ホームの種類

老人ホームと言っても様々なタイプがあります。

 

あなたの理想とする老後の過ごし方で選ぶ老人ホーム、老人ホームに入るタイミングは変わってくると言っても過言ではありません。

 

ただ、先立つ物は残念な事にお金、入居費用や生活費を考えながら終の棲家を選ばなければならないのも現実です。

 

まずはどんなタイプの老人ホームがあるのかを知っておく必要があります。

 

特別養護老人ホーム

介護付き有料老人ホームと特別養護老人ホーム、サービスで比較すれば、ご飯がおいしかったり、レクレーションが充実していたりと介護付き有料老人ホームの方がサービスの充実しています。

 

それでも、特別養護老人ホームに入居を希望する人が多いのは、金額が安いのはもちろんですが、国が運営しているため倒産・閉鎖のリスクがない。

 

たとえ病気になっても施設からおいだされないなど、特別養護老人ホームは、人生の最期まで支えてもらえる生活の場という安心感があるからです。

 

特別老人ホームの違いの詳細はこちら>>

 

 

グループホーム

グループホームは痴ほうの症状が出ている老人などが共同で生活する施設です。

 

専門の知識を持ったスタッフに支えられながら、共同生活をしていく上での役割をこなしていくので、痴ほうの症状が止まるケースも多く、痴ほう老人に悩む家族が入れたがるケースが多い施設です。

 

しかし、グループホームは少人数制なので受け入れ人数が少なくさらに、施設数が足りないため、なかなか希望する老人が入れない現状があります。

 

グループホームの詳細はこちら>>

 

住宅型有料老人ホーム

元気なうちに老人ホームに入っておきたいというニーズに応えるのが住宅型有料老人ホームです。

 

生活に支障がない程度の軽い介護、自立した生活ができる老人に選ばれている老人ホームとも言えます。

 

介護を目的としていない施設なので、日々のレクリエーションが充実しているのが特徴で、楽しく健康的に生活していける施設になっています。

 

ただ、メリットばかりではないのが老人ホームしっかりデメリットもわかった上での入居がおすすめです。

 

住宅型有料老人ホームの詳細はこちら>>

 

軽費老人ホーム

軽費老人ホームは運営補助資金が国や自治体から供給されている分、安い費用で入れる福祉施設です。

 

経済的に余裕がなく一人暮らしの身寄りがない老人が優先的に入れます。

 

尚、現在では軽費老人施設の増設はなく、代わりのサービスとしてケアハウスが増設されています。

 

軽費老人ホームのサービス詳細はこちら>>

 

 

ケアハウス

元々軽費老人ホームのC型と呼ばれていたサービス内容が受けられるのが現在のケアハウスです。

 

ですから、基本的には低所得・身寄りがない自立した生活ができる老人が入居できます。

 

ケアハウスの最大のメリットが入居費用も入居後の費用も安い上に介護度が上がっても施設を対処する必要がなくサービスを受けられるところです。

 

ただ、ケアハウスも不足しているためなかなか入居の順番が回ってこないのが現状です。

 

ケアハウスのサービス詳細はこちら>>

 

 

介護付き高級老人ホーム

 

 

低価格な老人ホーム不足がある一方で高級老人ホームは、サービスが充実していればしてるほど満員御礼のようで・・

 

次から次に新しい老人ホームというより、リゾートホテルの雰囲気がある高級老人ホームが作られています。

 

そんな人気の高級老人ホーではどのようなサービスが受けられるのでしょうか?

 

高級老人ホームのサービス詳細はこちら>>

 

高齢者専用賃貸

 

高齢者専用賃貸が今非常に人気があるのを知っていますか?

 

その人気を表すように公営の高齢者専用賃貸などは宝くじなみと言われています。

 

そんな人気に後押しされて、高齢者専用賃貸を選ぶと失敗するかもしれません。

 

確かに魅力的な高齢者専用賃貸物件が多くありまsが、人気に隠れて見えにくくなっているデメリット部分の情報を提供しています。

 

高齢者専用賃貸の詳細はこちら>>

 

シニア分譲マンション

 

基本的には分譲マンションと変わらりなく、基本的に区分所有権があり内装の変更などリフォームも自由、もちろん、所有権を売却ができ、総有権の相続も可能、よってシニア分譲マンションは資産となります。

 

つまりは分譲マンションと仕組みは同じなのですが、シニア分譲マンションの特徴は何でしょう?

 

シニア分譲マンションはさらに老人が快適に住み続けるためのサービスがついてきます。

 

ただ、シニア分譲マンションはその供給自体が少なく、今からどうなっていくのか?と思われている市場なので資産価値はいかほどのものか?という面もあります。

 

シニア分譲マンションの詳細はこちら>>

有料老人ホームへの入居条件

日本の高齢化率は急速に高まっており、4人に1人が高齢者で、2050年には2.5人に1人の割合で高齢者が増えると言われています。

 

訪れる高齢期は介護なしで生活をしていくのは難しいのに、国が管轄する、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、など費用が安く老人なら誰でも入れる施設の数が極端に少なく国の対策が遅れているのが現状です

 

つまり、老人ホームに入りたい方で少しでもお金があるなら、有料老人ホームを選ぶしかないというのが現実です。

 

それでも、自称老人なら何歳でも老人ホームに入れる訳ではなく、各有料老人ホームで入居可能年齢制限や、支援・介護が必要か?
所謂介護度が入居可・不可を決めるポイントになります。

 

有料老人ホーム 対象者

 

自称老人でも入れるのか?と言えばそうではなく、基本は60歳以上しか入居できません。

 

しかし、体に障害がある場合や緊急を要すと判断された場合入居できる可能性はあります。

 

ただ、老人ホームによって入居対象年齢が異なります。

 

60歳〜・・介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・高齢者向け住宅

 

65歳〜・・グループホーム・軽費老人ホーム・ケアハウス・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設

 

65歳からしか入居できない施設は、年齢以外にも入居可能な条件が多いという特徴があります。

 

介護度で変わる老人ホームの入居条件

 

支援・介護の条件は、施設によって細かく規定が決められていますが、おおよその枠組みは以下になっています。

 

軽費老人ホーム・ケアハウス・・自立している(支援を必要としない)老人は入居可能、その他は施設により入居制限がある

 

・高齢者向け住宅・・自立している(支援を必要としない)老人は入居可能、要支援・要介護は施設により入居制限がある。

 

介護付有料老人ホーム ・・要支援・介護度が高くても入居が可能なケースが多い
                  認知症でも入居可能なケースが多い
                  但し、持病の関係で入居できないケースがある

 

グループホーム・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・・・ 自立している(支援を必要としない)老人の入居は不可

介護保険についてもっとよく知っておこう

平成12年(2000年)から施行された介護保険制度は65 歳以上の方(第1号被保険者)と、40 歳から 64 歳までのに分けられます。

 

40歳になると健康保険と同様に自動的(強制的?)に加入させられる医療保険加入者(第. 2号被保険者)に分けられます。

 

保険料が自動的に徴収されるこのシステム、自分が介護が必要になった時に(要支援・要介護認定を認定される)介護サービスを1割〜2割の自己負担で利用できる制度です。

 

ところが介護保険の仕組みが意外と複雑なため、利用したいと思った時には必ず手続きが必要さらに、複雑な手続きのせいで上手く進まない場合もあります。

 

そこで、基礎的な部分だけでも知っておき、サッと利用できるようにしておきましょう。

 

介護保険サービスの詳細はこちら>>

更新履歴