スソワキガとは?

ワキガといえば、脇の下から独特のにおいを発する症状ですが、それと同じような症状がデリケートゾーンで起こることをスソワキガとよんでいます。
日本人の場合、10人に1人がワキガの傾向にあるといいます。

スソワキガは、一般的にタマネギや鉛筆の芯のにおいに近いといわれていますが、デリケートゾーンで起こるものなので、 下着などによるムレやオリモノのにおいなどが混ざり合うため、個人差がありますが、大きく分けると、硫黄臭とスパイシー臭、 脂肪酸臭が混ざり合ったことによるものだと分かっています。

人間には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺があります。
このうちアポクリン汗腺からはたんぱく質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含む汗を分泌する汗腺であり、デリケートゾーンにも多く存在しています。
これらの成分は常在菌によって分解されるため、独特のにおいを発生させてしまうのです。

これらのにおいは、異性に対するフェロモンの意味をもっているとされていますが、においが少ない方が好まれる日本では、 適切なケアをしてできる限り症状を抑えたいものですね。

スソワキガの手術について

スソワキガを改善するためには、日頃のケアも必要ですが、手術をすることもひとつの方法です。

スソワキガは皮膚科、形成外科、美容形成外科、美容外科などで診察してもらうことができます。
ただし、すべての病院で手術ができるわけではないので、受診の前に確認しておくと良いでしょう。
また、一般的には健康保険が適用されることはないので、費用は自己負担となります。

手術の方法は、皮膚を切開してにおいの原因となるアポクリン汗腺を切除する皮下組織削除法や超音波メスでアポクリン汗腺を破壊して吸引する超音波吸引法などがあります。

手術を受けることでスソワキガの症状改善が見込むことができますが、皮膚を切開したり傷つけることで、アンダーヘアが抜けたり、 傷口部分のヘアが生えてこないなどのダメージを受けるがあります。
また、腫れや皮膚のつっぱり感がある、入浴の制限を受けるなどの他、アポクリン汗腺をすべて除去できない場合もあるため、事前の打ち合わせは必須です。

膣垢とデリケートゾーンの臭いの関係

女性の陰部は尿や経血、オリモノやバルトリン腺液、そしてたんぱく質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含む汗など、毎日さまざまなものが分泌されています。
これらの分泌物やトイレットペーパー、新陳代謝によって排出された古い角質などが陰核包皮や大陰唇と小陰唇の間などに垢として溜まってしまうのは、仕方ないことです。

しかし、毎日洗っているつもりでも、女性の陰部はとても複雑な形をしているので、十分に汚れを落とすことができず、垢が溜まってしまうと、 イヤな臭いの原因となっていることがあります。
溜まってしまった垢には雑菌が好むエサとなります。
雑菌たちが垢を食べる時に発されるガスが臭いの原因となると共に、雑菌が繁殖して臭いが増していくという悪循環に陥ります。
さらには雑菌によるかゆみや炎症などの皮膚トラブルを引き起こしたり、膣カンジダを招くことにもなりかねないので、 適切なケアをしてデリケートゾーンを清潔に保つことを心がけましょう。

生理臭の臭いと雑菌の関係

生理中は憂鬱な気分になりがちなのに、臭いが気になってさらに憂鬱になってしまうことはありませんか?
確かに生理中は経血が排出されるため、血の臭いがすることは確かですが、経血に含まれている血液の割合はわずか10%ほどであり、 排出されたばかりの経血は基本的に無臭なのです。

ではなぜ、あの独特な臭いが気になるのでしょうか?

それは雑菌が繁殖する際に発生する臭いが原因なのです。

生理中は、下着やストッキングで覆われたデリケートゾーンにナプキンがプラスされているほか、経血の水分によって、いつもよりもムレやすい状態にあります。
もしも長時間ナプキンを取り換えない状態にあれば、高温多湿を好む雑菌が繁殖しやすい環境を作りだします。

また、生理中はホルモンバランスの変化によって陰部のアポクリン汗腺が活性化するので、脂肪やタンパク質、アンモニアなどを多く含む汗が分泌されやすい状態にあります。
さらにはアンダーヘアに経血が付着するなど、雑菌が繁殖しやすい環境が整い、臭いの原因を作りだしてしまうのです。

オリモノの臭いと雑菌の関係

オリモノは膣口から分泌される粘液や組織片などのことを指し、雑菌が膣を通してからだの中に侵入することを防いだり、 膣内に精子をスムーズに導いて受精しやすい環境を整える役割があります。

オリモノにはデーデルライン桿菌という乳酸桿菌の一種が含まれているため、酸っぱい臭いがするのは正常な状態です。
また、女性ホルモンの影響を強く受けやすいので、年齢や生理周期などによって臭いが強くなったり、分泌量が変化します。

オリモノの臭いがチーズや魚が腐ったような不快感を伴う臭いの場合は、ストレスや疲れなどによって女性ホルモンのバランスが崩れたり、 抗生物質などの治療薬を服用やデリケートゾーンが不衛生になったり、過剰に洗いすぎるとデーデルライン杆菌が殺菌されて雑菌が繁殖しやすくなることもあります。

つまり、オリモノは陰部に雑菌を増やさないために不可欠なものであり、そのバランスを取るためのバロメーターであるといえるでしょう。

ジャムウ石鹸の効果

ジャムウ石鹸はデリケートゾーンの臭いや色素沈着などの悩みを解決してくれる石鹸として、ひそかなブームとなっています。

ジャムウとは客をもてなす植物からつくられたクスリという意味を持つインドネシア語で、植物の根や実を調合して作られたものであり、 現地では古来から伝承されてきたものなんです。

そもそも、女性のデリケートゾーンは臭いのもととなる分泌物や汗などが溜まりやすい部位であるにも関わらず 、一般的な石鹸やボディーソープで洗うと必要な成分まで洗い流してしまって、さらに臭いの原因を作ってしまうことがあります。
これらのトラブルを解決するのがジャムウ石鹸です。ハーブなど天然成分を用いているので、デリケートゾーンを優しく包み込んで、必要な油分を肌に残して、 泡と古い角質や毛穴の汚れと一緒に臭いを洗い流します。

さらにはデリケートゾーンと同じPhバランスなので、膣の自浄作用を正常に戻すサポートや雑菌の減少などもジャムウ石鹸の優れた効果です。

デリケートゾーンのかゆみ対策

こういう悩みは同じ女性でも中々相談しにくいし、相談したらしたで、職場のおばちゃんに勝手に性病認定されたりするので場所同様でデリケートな問題です。
医者に行くのが手っ取り早いですが、田舎では誰でも見ているので婦人科には行きにくい。
なので、私はかゆくならないような状態を作るようにしています。

行きつけの内科医が「体力と免疫をつけて清潔にしすぎず丁寧に」と言われたので、ずっと実践しています。
考えて見れば、過去の状態は受験、仕事、人間関係などで悩んでいる時ばかり起きていました。
なので、基本は清潔にしていました。
下着は肌に優しい締め付け感の少ないもの、天然素材のものを選び、生理用品はマメに交換しムシムシ状態を極力作らない。
お風呂ではデリケートゾーンは顔より優しく泡でさっと洗うなど外的要因を消していきながら、カラオケ、野球観戦などで大声出してストレス発散し、 自宅ではアロマなどで優雅な気分に浸ってます。

食生活ではキノコやビタミンなどで健康な体の土台を作っています。

そのおかげかデリケートゾーンのかゆみも激減しまし、風邪なども何年も引いていません。

デリケートゾーンのかゆみ対策 口コミ

私は人よりも汗かきなのとかぶれやすいせいか、特に生理前・中・後のデリケートゾーンの痒みにはよく悩まされます。

対策@
こまめに洗う。やはり、汗や分泌物を洗い流すのが一番良い気がします。
強く洗い過ぎると皮膚を傷つけてしまうので、少しのボディーソープとシャワーで優しく流します。
最近はデリケートゾーン専用ソープを発見し使用しているのですが、洗った後のスッキリ感が素晴らしいです。
また、痒くなる度にシャワーを浴びるわけにもいかないので、デリケートゾーン専用の小さなタオルを用意していて水拭きしたりもします。
生理中は、使用後にそのまま捨てられる赤ちゃんのお尻拭きやノンアルコールのウエットティッシュ等で綺麗にしています。

対策A
よく乾燥させる。
きちんと水分を拭き取れてなかったり、シャワー後の汗も痒みの原因だと思っています。
シャワーの直後にすぐ下着を付けず、よく乾燥させるようにしています。
人がいない時は下着を付けずに古いガーゼタオルを腰に巻いて過ごすのが一番です。

対策B
デリケートゾーン専用の軟膏の使用。
しっかりかぶれてしまった時は、いくら洗ってもすぐに痒くなってしまいます。
最初は購入するのに抵抗がありましたが、初めて使用した時の痒みからの解放感は忘れられません。
1-2回使用するだけで痒みは引いていきます。


姉妹サイトはこちら

ジャムウ石鹸とアンボーテの口コミを比較
アンボーテを送料無料で最安で購入
デリケートゾーンのにおいを消すアンボーテ